プロジェクト・アリストテレスから考えるコミュニティマネージャの役割

こんにちは。礼司(@iosononelcielo)です。

プロジェクト・アリストテレスとは、米グーグルが2012年に実施した一連の研究のことです。

グーグルは「最高の人材を揃えることによって最高のチームを作り上げることができる」という仮説のもとに、どんな因子がチームのパフォーマンスに影響を及ぼすのかについて明らかにしました。

 

今回は、このプロジェクト・アリストテレスの研究から、チームとその中でのコミュニティマネージャーの役割について考えていきたいと思います。

 

ちなみにプロジェクト・アリストテレスの全文はこちらから参照できます。

プロジェクト・アリストテレス全文(外部サイト)

 

プロジェクト・アリストテレスの概要

チームのパフォーマンスに関係している要因

  • 心理的安全性:何を言っても安全な場である。
  • 相互信頼:メンバーを信頼して頼れる。
  • 構造と明確さ:役割分担が決まっていて目標達成のためのプロセスが明確。
  • 仕事と意味:メンバーが自分の仕事に個人的な意味を見出している。
  • インパクト:メンバーが自分の仕事はチームの目標にとって価値があると思っている。

 

チームのパフォーマンスに大きく関係していない要因

  • チームの働き場所
  • 合意に基づく意思決定
  • チームメンバーが外向的であること
  • チームメンバー個人のパフォーマンス
  • 仕事量
  • 先任順位
  • チームの規模
  • 在職期間

 

チームのパフォーマンスを高めるためにコミュニティマネージャーがやるべきこと

チームのパフォーマンスを高める要因のうち、もっとも重要なものは「心理的安全性」です。

心理的安全性を土台にして、それ以下の「相互信頼」、「構造と明確さ」、「仕事と意味」、「インパクト」が成立していきます。

 

心理的安全性の定義は、次のとおりです。

心理的安全性とは、端的に言えば「メンバー一人ひとりが安心して、自分が自分らしくそのチームで働ける」ということ。自分らしく働くとは、「自己認識・自己開示・自己表現ができる」ということです。

著.ピョートル・フェリクス・グジバチ『世界最高のチーム グーグル流「最小の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』p.28

 

仕組み化やルール作りはもちろんコミュニティマネージャーにとって重要な役割の一つですが、それより先にやるべきなのは「心理的安全性」を高めること。

もっと言うと、メンバーのプライベートな話=自己を引き出してチームの間で話をさせる技術や施策が重要になってくるわけです。

 

チームのパフォーマンスを高めるためにコミュニティマネージャーがやらないほうがいいこと

反対に、「チームのパフォーマンスに関係のない要因」からは、コミュニティマネージャーが特に優先してやるべきではないことについても見えてきます。

 

たとえば、

  • ミーティングを常にオフラインで顔つき合わせてやる必要はない。
  • メンバー全員がオフラインで積極的に発言する必要はない(内向的なメンバーもいていい。テキストベースのコミュニケーションも活用する)
  • 仕事量や能力で評価しない。
  • チームのパフォーマンスを上げるためにメンバーを増やす必要はない。

などです。

 

コミュニティマネージャーが絶対にやってはいけないことは、「心理的安全性」を脅かす施策です。

能力の差異や、直接話すことが得意な人もいればテキストベース(LINEやSlack)での会話が得意な人もいるというコミュニケーションの差異を責めるようなチーム文化では、心理的安全性が保たれているとは言えません。

 

メンバーの個性、属性は多様です。

コミュニティマネージャーはそれを踏まえた上で、それぞれのメンバーがそれぞれの方法で自己認識・自己開示・自己表現ができる環境整備と促しを行っていく必要があります。

 

キーワードは「心理的安全性」

「心理的安全性」と「信頼」はほぼイコールです。

なぜなら、人間というものは相手のことを信頼しているからプライベートなことを話してしまうのではなく、プライベートなことを話してしまった相手のことを信用するようにできているからです。
(心理学の分野では認知的不協和の解消と呼びます)

 

プライベートな話、自分自身の価値観にまつわること。

こうした話をメンバーから引き出し、自己開示できるような機会と場を設計することは、一見遠回りなようでいて、パフォーマンスの高いチームを作るためには必須のプロセスであるといえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です